ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生! 春休み🎶

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ師匠// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中3男子

母、さちこの影響 手強し

小仕事がひと段落したので、久しぶりにログをアップします。


この前、ソフトボール大会の前に、駆け足で書いたものが、
こんなこと今までなかったんだけど、パソコンの角度をちょっと変えただけで
コンセントがブチっと抜けてしまい


アップの前に真っ白になっちゃって


ちぇーーっと思って、書く気にならなくてぇ


’予定は未定’っていう題で、高校のソフト部の顧問に仕込まれたことを
絡めて楽しく状況を書いたんだけどなぁ


残念、真っ白。


その日のソフトボール、決勝でしたが、敗退。真っ白。


ついでに、転職活動も
3次。
面接では無く、人事面談でカジュアルなミーティング
っていうことだったのですが、それまでかなりポジティブなフィードバックと言われていたのに、


それも白紙に。



面談で、
え?? ええーー??


っていうことがあって


ちょっとそれ・・???求人原稿違くない?
え?国が言ってるのにそんなこと言うの?っていう項目が
3つくらいあって


素直にえええ???ってリアクションしたから、
かなあ。



まあいいや
一気に冷めちゃった。
おかしなこと言うなと思ったら。


というわけで、転職活動、ちょっと休んで、小仕事をしています。


大仕事の方向、どうするか、考え直す。


その前に、休憩。


⭐️


私には、無意識に枠を作って、はみ出ないようにするクセがあって。
これは、京都育ちのB型、生きた化石の御年85歳、母・さちこの教育だ。


キョーレツ❤️


全部の歯が、綺麗に頑丈にまだ揃っている、さちこ
足の痺れとか、特にない さちこ
今でも毎日運転して、バックもミラーで完璧な さちこ


そのさちこの教育とは


好きな人は、高校生から作りなさい
(好きな人は中学まで作っちゃいけないってこと)とか


ムリ。w


学校ではなるべく発言してはいけない、とかね


そんな感じ。


しかし私自身は、枠に収まれない性分だし
母の言うことすべて、私の性分と真っ向から違うこと言うので、


どうしても矛盾が生じるんです。


でも小さい頃は
母の教育とは正反対の自分の性分を
大好きな母のために、一生懸命、一生懸命
抑えて抑えていまして。


家では。


家でやっていいのは布団かぶって泣くことくらいで


外ではもう、大笑いではじけていましたけど


でも、家ではずっと、自分を抑える生活をしていたので、
どうしても、抑えるとか、枠を作るクセがあるんですねえ


これは大人になって、自分のその無意識のシステムに気づいて、
自分で自分を教育し始めたけど、なかなか、うかうかしてると
じわじわ、奴がやってくるんですよね。



え?抑えてるように見えない?w



うん、だいぶ上手くなりましたね〜


でもまだまだ、枠作っちゃうなあ、大っ嫌いなのになあ



だから、こうやってね
この転職活動みたいに、


これで行こうか!と思っていたものが
急に白紙になったりすると


あ、違ったんだ、
もっと枠外していいんのか
外さなきゃって
気付くんですねえ。


自分の大嫌いな枠を
作る習慣ができちゃってるから


何かに失敗したり、できなかったり、
そりゃあ悔しいんですけど、


あ、考えが狭かった、って気付く。
本当にやりたい?ホント?ホントに?
あー違うなあって。


壊して広がり、壊して広がり


そのこと自体はダメージだったり痛手だったりするけど
後の肥やしとか、土台を広げることにはなる。


そうやって、ちょっとずつ広がってくれる。



三つ子の魂 100まで


って私は思っていて


小さい頃にできた基盤って、ずっと体から抜けないものだと思っているんだけど


さちこ要素、ホント強し・・・


ちなみに、母・さちこは
小さな枠に自分をちゃんと収めようとする性格ですが、
そもそもそのさちこ枠っていうのが、一般の人と枠の場所が違うので、
ちょっとはみ出ちゃってるよ〜っていうゴキゲンな印象なんですよね。w


人の印象と、性格、思考回路ってまた違いますからね。


🌟


だから、あるんですよね。
自分の性格とか遺伝だと思ってたら、
生活で習慣付いた、親の性格だった、親の性分だった
それが自分に残ってるだけだったってことが。
多分、自覚のない、無意識のところにいーっぱい。


もちろん、友達、先生、そう言う人たちも含めた
周りの人の影響を受けて
自分は出来上がっているんだけど、


なんせ親というのは生まれて虫みたいな頃からの生活になっているので、
無意識の場所に、霜降り肉の脂みたいに
絡まって侵入してるんですよね。


それで幸せならいいんだけど、
そういうところが本来の自分との歪になって、自分や周りに悪い影響があるなら
ちゃんと分析して、取り除かないとね


というわけで、
あ、そういうのを自分探しっていうんですかね、そういえば。


昔、友人の旦那さん
面白くて頭が良くて、人格もしっかりした、その友達が、


 「サッカー選手の ○○は、自分探しのたびに出たらしいな。自分そこにおるやろ」


というのを思い出した。今でも笑うwww


💫


と言うわけで、作っては壊し、とか
真っ白に、の繰り返し期間みたいです


もちろん、
さちこの影響のうち、いいこともあります。


絶対の愛情は宝で、
多分それでだと思う。
人の悪いところを大きな声でいうのが楽しい小学生時代には、
色んな男子から、色んなあだ名でからかわれてたけど、
あ〜私のこと好きなんだな〜、と思ってた。w


近くにいる、いてくれる人は
みんな自分が好き。と思ってるんだねえ。


実際そうだし。 ←はい、ここ。w


だって、嫌いなら遠ざかればいいだけだからねえ。
無理に距離近くすることが、嫌いになる理由なんだから。


好き、嫌い、じゃなくて、
距離の問題だもんね。






ちな


師匠1シェフから、
今年の鮎メニューの話が来ました。


鮎納めんとな♪


がしかし


予定は未定。
明日は明日の風なのでわかりません〜



バラロードのバラ、たくさん咲いてるよ〜



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。