ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生!

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

番外 まかない からの 鮎釣り

数日前、久しぶりに”達人さん”の、釣具やさんへいった


達人さんにも久しぶりに会った~


鮎グッズも増えてた♪


けど、シモツケのカタログはまだなかったし、
ほかにもお目当ては置いてなかった


レインコートほしいんだよなあ・・



さて
私の職場のフレンチでは、まかないをだしてくれます


いつもおいしいのですが、


おいしいものに生かされている私が
生かされる!まかないを作るのが、


今助っ人でお店に来てくれている
”師匠3おとーと”が作るまかないと
”自称鮎釣り師”のネパール人のキムのまかない。


キムは、ネパールにも鮎がいて、日本で釣具を買って
友釣りをネパールでしてる


というけど
ネットで調べても、ネパールに鮎がいることが調べきれず
本当のところはわからないので


自称、をつけましたが



鮎の友釣りするひとは


いや、友釣りのうまい人は


料理、うまいと思います


”師匠3おとーと”は、私の職場の厨房を手伝ってくれていますが、
料理についての会話を聞いていると、


おとーとの鮎釣りの考え方と、料理に対する考え方
いっしょなんですよね


おとりのうごき、縄張り鮎の動き、
川の流れ、気温、時間、風


いろんな要素をまぜた


想像とか予測の部分が大きいでしょ、鮎の友釣りって


なんでもそうかもしれないけど


鮎の友釣りも、料理も、
いろんな材料にどう手を加えるか


もともとある情報と、環境を
どう想像と予測でつなげるか


これがうまいと、


料理も鮎の友釣りもうまくなる


おとーとのまかないは
よーし!次もがんばるぞ!!とアガル料理だし、
キムのネパールカレーは、週一回土曜日と決まってるけど


食べ逃したり、食べたりないと


ほかの日に、近所のネパールカレーやさんに
補充しにいっちゃうもんね


ネパールカレー不足になってしまう


というわけで


料理と鮎釣りの関係と


料理で生きる活力がもらえる


というはなしでした~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。