ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生!

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

がまかつはん、だいわはん ゲッツラ!

”師匠3・弟”が、冬のレアキャラ助っ人として、うちのお店に来ました。


すでに少し前に冬限定レアキャラとして助っ人に来ていた”師匠2・兄”がお正月一旦長野に帰り、入れ替わりで弟参上


以前も書いたけど、鮎釣りを教えてくれる、”師匠2・3兄弟”は、
元は
ずっとうちのお店にいた、料理人とサービスマンだ。


言うのは悔しいが、二人は、仕事だけはできる。


あ、仕事と鮎釣りだけはできる。


数年前に店を辞めた後は、冬のクリスマス&お正月の付近に、お店に助っ人として
来てくれている。


この前バイトちゃんが


 久しぶりに来てくれるけど、全然久しぶり感がない


と言っていたけど 笑


そうやって、スタッフにも馴染んでいる二人だ。


来週あたりには、また”師匠2兄”がお店に戻ってくる。


そうすると、私の鮎師匠
”師匠1・2・3シェフ兄弟”が、コンプリートだ。


この1・2・3は、知り合って銃数年、シェフはもっと。
職場つながりなので、仕事の時間をかなりずっと長く過ごしていたはずなのに


この顔が揃った時
なぜ川にいないんだろう・・となりそうだ


そのぐらい、去年の鮎時間が小杉たんだろう


二人は芯から自然児なので、
東京はカラダが拒否反応を起こす。


二人とも、バスタ新宿に足をつけた途端帰りたくなるし、
弟はしばらくすると


 オレはもうすぐ死ぬのかもしれない・・


という症状になってくるので、本当に可哀想だ。


けど


お店がいろんな面で助かるし、第一私が楽し〜ので、
毎年来ていただきましょうね


オフシーズンだけど、鮎釣りの話がいろいろできるしね


こりゃいいね



というわけで、
今日早番だったので、


帰りに釣具店に寄り


ゲッツラ〜



がまかつはん、だいわはん
おいでやす〜


さてそれに


しまのはんもご一緒して



明日は急遽


静岡に小旅行になりました


ずっと行きたい、行きたいと思っていて
行けていなかったところへ。


高速バスで、3時間


夕方、静岡の桜橋という駅に着で、



夜、
私の尊敬する女性、ミホさんががやっているイタリアンへ


食べて呑んだくれて、


ミホさんの家に泊まり、


あさって
早朝の高速バスに乗って、静岡から出勤する
という


わくわくしすぎてたまらない旅に。


なんとなく、せわしなさそうなスケジュールだけど
やることは、食べて呑んで、ミホさんと夜通し話しまくる


という目的なので、


の〜んびりできそうです。


バスも片道3時間もあるから、
ワインやら英語やらフランス語の勉強もできるし


まあ多分
それは手をつけずに、鮎カタログで終わりそうだけどにゃー



こういう時に、考えるのが
そばで鮎を釣れる川はあるかな


っていう新基準


違うね、去年と


そんではまた明日〜 ♪♪


寝れるかな・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。