ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生!

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

この夏の鮎予定を立ててるところだけど・・

今頃興津は
宴会かな


もう終わって、明日に向けてスヤスヤかな〜♪




仕事、
去年とは勤務契約を変えました


びっちり仕事が入っていて、スケジュール的には鮎を入れられたとしても
早番がなくなったので、
その前後、夜な夜な車を実家に借りに行くのも母親に悪いし
だいたい、終電に間に合うのかもわかりませんので


真剣に試行錯誤していたところ


師匠1シェフが車を貸してくれる♪というので


次回6月最初の釣行は、シェフの車を借りて、になりそうです


ただ


師匠1シェフの体調が今、絶不調で


オレの鮎解禁は、7月になるかなあ


なんて、弱気。


心配だー



以前一度記事に書いた
andoさん


私の鮎デビューは、去年の付知だけど


おととし
師匠1シェフと長い付き合いのandoさんとスタッフと
仕事で高知に行った時に、


まだ鮎釣り初めてなかった私服の私に


andoさんが
ちょっとタバコ吸うから、竿持っててよー


って、仁淀川で持たされたのが、


鮎の竿デビュー。


あー
いつ見ても、水が綺麗!!


この時に、かからないこの時間も
結構気持ちいいんだなあって思って


っちゅうか
みじかっ!!竿!! 笑


これなんの竿?
前回の記事にも書いたかも・・
なんども疑問もつよ、こりゃ


ちなみにandoさん
全然釣れなかった、この日 笑



それまで師匠1シェフや師匠2兄と飲みに行くと
散々鮎釣りの話を聞かされてて


面白そうだとは思ってたけど
もっと、ずっと面白いのかもしれない


って思ったのが、
この仁淀なんです


だから、そのandoさんのおかげで
今楽しい体験をしている、と言ってもいいくらいです



ちなみに、andoさんは
私が店に入った2000年頃から、
伝説のシェフの友達として有名で


その理由が、伝説になる由縁なんだけどさ


その昔、シェフとandoさんが一緒に働いていた時に


andoさんが


シェフの検便に
(施設に入っている飲食は、おそらく毎月か各月で検便をやる)


シェフの検便に


カレーを入れて


カレーを入れて


シェフがひどい怒られた、っていう伝説 www


もう
小学生の卒業式風に言っちゃうよね



当時、andoさん職場にいないのに、
えらいオーナーの検便に
カレーを入れた?!?!


どんだけのヒトなの


と言う伝説のお方 www



その愛すべきandoさんと神流川に行こう!と言う計画が上がっていて


それが7月初め頃なのです


それまで、シェフ鮎できないのかなあ


かわいそうになあ


それが
6月に行くかもだったので、
私の休みが足りなくて、
5月の休みを6月に回したんだけどなあ


今の所入っている、死守している鮎予定の他の休みを
どう当てるか


ギリギリになってみないとわかりません・・



あー
車がほしい


それか、近所の鮎仲間募集!


運転は好きです!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。