ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生! 春休み🎶

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

矢作遠征 補足を書こうと思ったら弟のオシャレ話に

先日


年配の男性のお客様から

ご予約のお電話を受けた時


ひと通りご予約の要件を伺い、電話を切る寸前に


『お仕事、楽しそうですね』


とほのぼの言われたゆかもぐです w



さて


矢作遠征について

どんと疲れていたので

上澄みしか記録できなかったので


補足しとこうと思ったけど


なんかどうでもいいことしか思い出せないけど

とりあえず書いとこか



矢作にいたトンボ


羽の赤さが綺麗だった〜

近ずけなかったからよく写ってないけど

どうのところが水色がかっていて

この深い赤とこの水色合わせるんだ〜、自然は絶妙な色合わせするなぁ

感動しました


自然が作り出す色合わせ

大好きです



さて

遠征に行くにあたり

師匠おとーとに会うんだけど


今回気づいた。


いつも一般的な挨拶はしないおとーとです

おはよう、ひさしぶり、そういう類のやつはすべてスルーw


で今回は


スッピンで来たのけ

勘弁してくれー


から始まり


まーた訳の分からんやつ着とるなー


いつも通りの二段階のあいさつ。


おとーとの挨拶パターンは

顔(化粧)の感想 → 服の感想 だ

必ずこうなることを今回確信。


この前のフィッシングショーの待ち合わせの挨拶は


チークが子供の落書きみたい


ウケるねw


時々ちょー変なカッコして鮎釣りするけど

おとーとはシャレオツだ


フィッシングショーで、

剛さんオシャレだ


って言うから、よーく見てみたら

ホントだ、剛さんちょーオシャレ!


シマノスタッフスタイルで皆さんと一緒のを来てるんだけど

小物類や靴がオシャレ!


よーくみてるなぁ~、おとーと。


おとーと

わたしのマブダチの

のんぴと同じくらいオシャレで


ヤツらは言うことがよーく似ている



洋服を共有しているので

のんぴと買い物に行ったとき


服を物色してる時に気づいた

服を手に取る度に


これ、またおとーとに訳わからんやつって言われるかぁ


って弟の感想基準になっているw


そんなことを言いながら

これかわいい!と手に取った服を


のんぴに


そんなに気にしながら選ぶのがそれかよ!ww


と突っ込まれましたw



もう

私の服はこれから

のんぴとおとーとに買ってきてもらうことにしたいです


2人とも

私の服を買ってきてください


ほんじゃあ

たのんだぞ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。