ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生! 春休み🎶

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

遅咲きの桜

昨日、仕事の帰りに

疲れてタクシーに乗った

クタクタだったから


いつもは一駅だから

歩いて帰るんだけどね


タクシーに乗って

iPhoneを見ていると

タクシーの運転手さんが


満開宣言出ましたね

でもまだそんなに咲いてないですよね


と話し出した


疲れてたので

そうですね

と適当に返事をしてたんだけど


タクシーの運転手さんは続ける


しかし、不思議ですね

同じ通りにある桜でも

早くに咲いてるやつと

なかなか咲かない奴がいる


何にも考えないで

早いうちからぱぁーっと、さいちまうやつがあるけど


遅いのは、何か考えてるんでしょうね


ここまできて

私はぱっと顔を上げた


新しい仕事を初めて、

器用でなく、出来るまでに時間がかかる自分と

職場がもっと良くなる方法は分かるのに、まだそれを体現できない、実行できない自分に歯がゆくなって、疲れた今日だった


よく

木を見て森を見る

って言う

仕事や物事に対する良き姿勢ね


私は森が見えないと

目の前の木がわからないタイプで


森が見えるまでに、時間がかかるので

目の前の木に対峙するのも時間がかかる


そういう

初期の難しさに

対面している最近だった


タクシーの運転手さんは続ける


なんにも考えてないやつは

ぱあーっとカンタンに咲いちまってね


なかなか咲かないんやつは

なーんか考えてるんだろうねぇ


考えてるやつは

なかなか咲かないんだねぇ


私はそんなふうに

見てますよ



自分は

これでもいいんだと

思えた


いやぁ

余計な話をしまして


いえいえ

ありがとうございました


タクシーを後にした


夜道を歩きながら

今日タクシーに乗って

よかったと思った


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。