ゆかもぐ鮎釣りログ 2年生!

竿の持ち方もわからないところから記録と反省ログ。
since2016.5.18 付知
2017.5.11 矢作
<<出てくる人>>
”師匠1シェフ”=職場の上司でオーナー。ダンディでフレンチの巨匠。鮎釣り暦仙人クラス。S18//   
”師匠2兄”=師匠1シェフと鮎釣りをしたのがスタート。観察力、分析力、判断力、実行力が人並み外れたまぶだち。現職元同僚。テニス // 
”師匠3弟”=”師匠2”の弟。野生児で自然児で天才。アンテナピカイチ。感覚が一番似ていて、好きな香りやモノがまるかぶる。現職元同僚。テニス。//        
”達人”さん=うちの近所の釣り具店スタッフ。優しい。詳しい。”師匠2”が惚れ込む総合力。//  
”元祖師匠”=『師匠2・3兄弟』が『師匠』と呼ぶ、イケメンすぎ。バスケ// 
大川さん=中津川のオトリ屋さん 人情味あふれるイケメンおじちゃん// のんぴ=同居人でマブダチの女子大生 // たっくん=同居人のちっさいカレシ中二男子

ワカサギ釣り旅行 〜1日目前半!渓流!

3/31ー4/1で ワカサギ釣り二人旅行を計画!


師匠兄弟のところにまたお世話になりました〜


その前に



私は同居人が二人います


一人はマブダチののんぴ
今月から女子大生。
クールだがヌケてるトコロがあるのが魅力。
オシャレで、しっかり者。
時間があると
夜な夜な女子トークで盛り上がります


もう一人は、ちっさいカレシのたっくん。
今月から中二男子。
母親に似て
言われることは全て信じてしまう、
ひねくれ者になれない、
昭和のヒトみたいな人で
そのまんま、という言葉が似合う男子。


その二人を
社会ではムスメとかムスコとか言うらしいですね
よくわかんないけど
ちょー親友ののんぴと、ラブなちっさいカレシのたっくんです。





今回のワカサギ旅行は、ちっさいカレシと
ラブラブ一泊旅行。


中二からきっと付き合いが悪くなりそうなので
今のうちに出かけとかなきゃね


高速バスで長野の松川インターへ


途中、双葉サービスエリアは
あやしい雲行き



バスの窓の外の景色が
田舎風になってくると、
ちっさいカレシのたっつんが


「田舎になってきた。こういうところに住みたいなあ
あ、学校が遠いのか?学校の近くの田舎に住みたいな!」


という


高校の近くの物件を、兄弟に探してもらいましょうね
そしたら鮎釣りにも便利だ!


そんなこんなで
10:30 松川インター着


そこへ師匠2兄が迎えに来てくれました。


あいにくの雨でしたが、ちょっとやんだので
渓流釣りに!


都会育ちのちっさいカレシ
ちょっとした山の移動をひるむ。


うわぁぁ滑る
いや無理だ無理だ!


ここは母親に似なかったなあ・・



たっつんの母親、ゆかもぐは都会育ちだが


幼児期はグランドや公園だけではなく
例えば歯医者さんでさえ
待合室のソファーの背もたれの細い部分を
まるでアスレチックのようによじ登り隣へ移動を繰り返し
自分の母に、なぜ大人はじっと座っているのか?と質問をするような子で


ポパイになりたくてほうれん草をたくさん食べた


小学生になると
休み時間になるといつも、
ゆかもぐの席には男子の行列ができた。
それだけモテていた


・・
のではない


腕相撲の王者に、戦いを挑む男子の列だ 笑


父親にのせられて
実家のマンションの10階までダッシュ。
父親が足を抑えてくれて、
今日も腹筋100回できたね♪
わーいと喜んでいた素直でかわいい小学生女子。


中学の時は、後ろのロッカーをよじ登り、そこから掃除用具入れの上に座るのが
定位置で一番居心地のいい場所だった


どこに行くにも、手すりや塀の上を
ガードレールの上、応用だと、ガードレールの真ん中の棒を
平均台みたいに歩くのが移動手段だった


ふつうに道歩いててもつまらん。


今考えると
そんなマナー違反な子供を
よく注意もせずやりたいようにやらせてくれていた
母親に感謝だ


最近の母親は
ちょっと高いところに子供が登ると
すぐ危ないから降りなさいという


小さい頃にそういうことをしないから
体が大きくなってから
致命的な怪我をするんだぞ。



話ソレタ



とにかく、たっくんは
そんな母親のそう言うところは
あんまり似なかったな


だいぶビビりん。



初渓流釣り!




あ、私も初だ!


山も川も気持ちいい!
鮎釣りと違い
山をよじ登って釣る、
これいい!!
よじ登り星人だったあの頃を思い出した〜
ちょー楽し〜♪


私も渓流竿買っとこうかな!
高くないでしょ?
道具を調べよっと!



川はちょっと濁っていて
師匠兄はいい濁りだなあという


川の写真を師匠弟に送ると、弟もいい濁りって言うけど


反応なし・・T^T


たっくんに釣らせたかったけど


結局0匹
あたりのようなものもなかった



控えめでビビりんな部分が出てる
このカラダのライン 笑




また次回だなあ


途中根ワサビをつまみ、車へ山の斜面の
道じゃないところを登る


楽し〜♪


たっくんは、えーここも登るの?
無理だよー




と言いながらも


車に到着!


ちなみにこれを書いている帰りのバスで、
この昨日の渓流釣行について
たっくんに聞いてみた


     また渓流行こうね!


大変そうだったし、1匹も釣れなかったのに、なんと


  うん行こう!


ってよ 笑


     ちょっと、アウトドアの服とか、靴とか揃えようよ!


と試しに言うと


  うんそうしよう!



ってよ!! 笑


たっちゅんやさし〜


ラブリ〜♪




ちなみに
今朝、
師匠兄弟とみんなで話していた時、


   たっくんも鮎釣りやろうよー


と誘ったら、


 いいよ


って〜❤️


今年は、たっくんの道具も揃えなきゃだな


話は昨日に戻る。


渓流釣りを引き上げて、
おなかがすいて、お昼ご飯。


土曜日は、ネパールカレー!!
と言う訳で、二日目の土曜日も仕事休みで
賄いの絶品ネパールカレーを食べられないわたしを


師匠兄が
ネパールカレーやさんに
釣れてって、あ、連れてってくれた


変換が全部



になっちゃってるよ〜 笑



運転しなくていい私は
ビールをいただき
美味しいカレーとおいしいナンをいただき


ほろ酔いで
師匠兄弟のアジトへ!




後半に続く!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。